スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2・11(日) 『風、スローダウン』 
こんばんは。

最近、GyaOを結構見ます。株式ニュースや芸能人の
麻雀大会、そして映画。映画については一時期、バカみ
たいに観てたので、これからちょこちょこ書かせていた
だこうと思いますが、今日はあの島田紳助が監督をやっ
た『風、スローダウン』を観ました。


多分、客観的にはこの映画、駄作だと思うんですよ。
100人観たら、99人は「う~ん」と首をかしげるよ
うな作品。
しかし、残りの1人は最高の作品として記憶にとどめる。
そんな映画だと思いました。


GyaOのいいところは、観た人の感想が読めるところ。

やっぱりいました!

「完璧な映画です。セリフもすべて言えます。何十回と
観ました。ぜひ観てみてください」

「自分も夢をあきらめたくないと、この作品に後押しさ
れ、ニュージーランドにラグビー留学することを決めま
した。自分にとって人生の分岐点となる作品でした」


この作品に惚れ込んでるのがわかりますよね~。

結局のところ、客観的な評価なんてどうだっていいと僕
は思います。
その作品のもつ世界に完全に引き込まれ、自分の人生に
少なからぬ影響を与えられてしまう映画。
そういうのが「傑作」だって、僕は思ってます。


撮影現場では、こんな一幕もあったようですが。
スポンサーサイト
02/11 22:34 | 映画 | CM:0 | TB:0
3・3(土) 『ラヴソング』
映画の好みは人によって様々だ。
また、同じ人にとっても、その時々の気分
で好みは微妙に変化するものだと思う。
僕も笑える映画を観たい気分の時もあれば
、泣ける映画を観たい気分の時もある。


しかし、僕が好きになる映画の共通項を一
つ挙げるとするならば、観終った後(又は
観ている最中)に

「よ~し、やったるぞ~!!」

という気持ちがわいてくる映画だ。


今まで観てきた映画の中でも、5本指に入
る『ラヴソング(96年・香港)』を今日
久しぶりに観た。

20070303231108_convert_20100624133323.jpg

まだ、観終わった後の余韻が続いているの
だが、単純に「よ~し、金持ちになったる
ぞ~!!」という気持ちになった。
基本的には恋愛もののこの映画を観て、こ
んな感想を抱いてしまうのは僕くらいかも
知れないが・・・。


金に対して死に物狂いのマギー・チャンが
いい。
商売を始めては失敗し、株・為替を始めた
らブラックマンデーにぶち当たる・・。
そんな姿に今の自分を重ねてみたり・・。


DVDが来月発売されます。
よろしければ是非!
03/03 23:58 | 映画 | CM:0 | TB:0
3・21(水) 『フラガール』
昼間っからレッドアイのんで酔っ払ってる
ロクデナシです。

昨夜のドル円の動きは恐ろしかった。
ドルを売ってる人は笑いが止まらず、ドル
を買ってる人は涙が止まらない、そんな感
じだった。

昨夜また、雀荘に寄っちまったことを正直
に書きます。
3ゲーム打って、トップ・トップ・飛び。
普通、点5でも3,4千円くらいになりそ
うなもんだが、チップをかなり取られてた
ので、結局+1500円(場代込)。


大学の時、あまりにも暇だったので観た映
画の感想とかを書きためていたが、そのう
ち100点満点で点数までつけるようにな
った。
働き出してからこの習慣はなくなったが、
このブログで復活させたい。
しかし、正直100点満点の採点はかなり
難しくかつ不正確なので、10点満点で採
点していきたい。100%主観的な採点だ
が、お付き合いの程宜しくお願いします。


まずは、今までにふれた作品から。

1. 風、スローダウン     6点
20070321173130.jpg


2. ラヴソング        9点
20070303231108.jpg


3. DEATH NOTE        1点
 20070321173606.jpg

なにが死神だよ、ほんとに。デスノートの
ルールが細か過ぎで、後編では、それを変
えたの変えないの、付き合ってらんない。
人として、エルの態度に腹が立った。0点
でもいいんだけど、警察の中に『新・バブ
ルと寝た女たち』(4点)主演の小松みゆ
きがいたので、1点。

日本アカデミー賞の最優秀作品賞をとった
『フラガール』を観た。

4. フラガール         2点  
20070321174752.jpg


松雪泰子がカッコイイのはわかる。
蒼井優がカワイイのも認める。
しかし、それだけだという気がした。まずス
トーリーが心にこない。
カリスマダンサー役という松雪から、そんな
雰囲気が伝わってこず、ちょっとだけフラダ
ンスが上手い友達がクラスのみんなに教えて
る、といった感じで学芸会の練習のように見
えてしまうのだ。

ちょうど10年前に同賞を取った
『Shall We ダンス?』(10点)
の草刈民代を見れば、松雪の素人っぽさは一
目瞭然だ。
役所広司らにダンスの指導をする草刈の熱中
する姿は演技という枠を超えており、まさに
プロのそれだし、素人に教えていく中で「パ
ートナーを信じきっていない」という自らの
致命的な弱点を発見し、一からダンスの勉強
をしようとする姿は、プロ中のプロ、まさに
名人だ。

この映画を映画館で初めて観た時はまだ10
代ということもあって、竹中直人の面白さに
しか目がいかなかったが、何度も観ているう
ちに、役所のサラリーマンとしての悲哀のよ
うなものに視点が移り、さらに何度も観てい
ると草刈のプロの姿に視点が移った。
観る度に新たな発見があるというのは傑作の
条件だと思う。
『フラガール』にはそういう要素がどこにも
なかった。
03/21 18:50 | 映画 | CM:2 | TB:0
9・2(日) 『Crush』
今日は太田哲也というレーサーのドキュメン
タリー映画『Crush』を借りて観た。
レース中のクラッシュによる大火傷とそこか
らの再生への日々。

ここから得る教訓はただ一つ。
自分の現状なんて、悩むに値しないというこ
とだ。この程度で思い悩んでるようじゃ、先
が思いやられる。
お陰様で五体満足、それだけで充分だ。

とにかく今は攻めて、攻めて、攻めまくれ。
市場、盤上、卓上、どこでもだ。大怪我した
って、たかが知れてる。
09/02 23:23 | 映画 | CM:0 | TB:0
10・8(月) 人生の方向。
今日は映画を観たりしてた。最近観たのも
合わせて採点しておこう。


・ベストキッド        4点
・ベストキッド2       3点

このシリーズは3が1番面白い(5点)。
なので1と2を観たのはちょ~久しぶり。
ロッキーと同じ監督なだけあって話は単純
そのもの。なんといってもダニエルの試合
を見るミヤギさんの目がいいんです。


・バラ色の選択        3点
・摩天楼はバラ色に      3点
・ドク ハリウッド      1点

中古のVHSが100円で売ってたので、
マイケルJフォックスの映画を3本購入。
彼の映画では「再会の街」(5点)が1番
好き。ラストがいいんです。


・巨乳をビジネスにした男   2点
・叫             2点
・新幹線大爆破        5点


さて、つかっちゃんは派遣の仕事を4年以
上やってると言う。何度かメーカーは変わ
ったものの、現在は某メーカーの某商品を
売っている。このメーカーの、百何人いる
販売員の中で、売り上げ金額が18番とか
で「1番になってみせます」と言ってた。

なるほど、そういうモチベーションがあれ
ば仕事も楽しいだろうな、と思った。
自分に置き換えて想像してみた。確かに楽
しいかもしれない。ただ、努力の方向とい
うか、人生の方向が違うのではないかと感
じた。


この仕事をしていると、派遣の人同士、い
ろんな話をする。
「頑張れば月40万」とか「年収1千万超
える派遣の人もいる」など。

心が動かぬでもない。ただ、自分の可能性
を小さく見積もるようで、よくない。

麻雀の手、FXの利益、そして自分の可能
性は大きく伸ばせ!である。
10/08 20:26 | 映画 | CM:0 | TB:0
11・17(土) あっというま。
今日の仕事は、自分でもビックリするくらい
あっというまに時間が過ぎた。意識的に時計
を見ないのがコツだったりする。


最近観た映画をまとめて書いておこう。


・あゝ! 一軒家プロレス       2点

高橋がなりが作りたかった映画ってこんなん
だったの?という印象。
特殊メイクに力を入れたのは分かるがもっと
中身に力を入れて欲しかった。
プロレスファンの人にとっては面白い映画か
もしれない。唯一、家の爆破シーンで高橋が
なりが吹っ飛んでたのが面白かった。


・監督・ばんざい!         3点

自身の監督としての今までのキャリアをぶち
壊そうという意欲作。その姿勢は好き。ただ
如何せんつまらない。そのつまらなさも狙っ
たものらしいが。
この映画の内田有紀はいい。ブティックの店
員で、内田と同僚役の女の子は『Shall we
ダンス?』の役所広司の子供役の女の子だ。
12年前の面影が残っていた。


・ほんの5g            4点

富田靖子主演。
客観的には駄作だと思うが個人的には好きな
映画。この映画の富田はなんかいい。特にエ
ンディングのドライブしてるシーンが、バブ
ルの時代の匂いがしていて良かった(88年
の映画)。20歳の福山雅治が出てます。


・熱海殺人事件           2点
・金なら返せん!          2点
・BU・SU             2点
11/17 23:48 | 映画 | CM:0 | TB:0
12・30(日) 総括・映画。
今年も映画はたくさん観た。

でも、映画館は一度も行かなかった。
今年は「映画館で観たい!」と思うような映画
がなかった気がする。


過去の自分を振り返ると、映画を観まくってる
年というのは実生活が上手くいっていないこと
が多い。
例えば数年前に映画を観まくった年というのは
司法試験の勉強から逃げるようにして観ていた
し、今年は投機の含み損という現実から逃れる
ように観ていたといえる。

なので、来年はあまり映画を観ないですむ一年
にしたい。


さて今年のNO1映画はなんといっても96年
の香港映画『ラヴソング』である。

ラヴソング!


そんじょそこらのラブストーリーとはわけが違う。
というか、この映画は私にとってラブストーリー
というより“生きていることの嬉しさ”を再認識
させてくれる映画である。
内容を書きたくってしょうがないがやめておこう。
是非観ていただきたい映画だ。


この映画の教訓。

とことん夢を追え!
その過程こそが実は幸せなのだ!
一度や二度の失敗なんて気にするな!
何度でも起上がれ!
12/30 23:58 | 映画 | CM:0 | TB:0
1・24(木) そして、それから・・・2
今日もVHSを買った。

洋画VHS



邦画VHS



およびでないジャン鬼


やべ~よ。
人生的に映画観てる場合じゃないのに。
01/24 22:11 | 映画 | CM:3 | TB:0
1・25(金) そして、それから・・・3
昨日、今日と映画三昧。

いや~、やばいって、マジで。
映画観て感動すればするほど、逆説的だが
「映画なんか観てる場合じゃない!」って
思うんです。

感動するなら、自分の実生活の過程と結果
で感動しようよって思うわけです。

でも、面白かったな~。映画評のブログで
も立ち上げようかな~。
そんなことしてる場合じゃないか、人生的
に。
01/25 23:13 | 映画 | CM:7 | TB:0
2・7(木) そして、それから・・・4
今日、2週間ぶりくらいに例のレンタルビデオ
店へ。

ちょっと失敗したと思った。
予想以上にVHSがなくなっていた。「あれも
これも、なくなってる~!!」といった感じ。
こんなんだったら、最初から手を緩めずにビシ
バシ買っちゃえばよかった。

今日買ったの。
20080207234208.jpg
02/07 23:44 | 映画 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 hossy All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。