スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
8・1(水) 短期バイト 4日目
初日の挨拶のおかげで、アパート前などで
石田さんと出くわした時など、ちょこっと
しゃべるようになった。

当時、私に彼女はいなかったし、おそらく
石田さんにもいなかったと思う。
ただ、石田さんは私にとって、恋愛対象と
いうのではなかった。
その頃の私が欲しかった彼女像は
「キラキラ、キャピキャピ」
とでもいおうか、そんな感じの子に目がい
っており、石田さんはそういった女の子と
は、ある意味対極の存在だったからだ。


さて、その後石田さんとどんな感じで友達
付き合いをしていたのかはよく覚えていな
い。
ただ、私の部屋に先輩や友人が遊びに来た
時には石田さんに「うるさかったら言って
ね」と直接言いに行ったりして、私なりに
気を使ってはいたと思う。

そうして夏頃にはお互いの部屋にお邪魔す
るようにはなっていた。

こんな事があった。ある日大学から帰って
来ると、ポストの中に私のトランクスとメ
モが入っていた。

「窓の外に落ちていたので、洗っておいて
あげました。感謝しろよ!   石田 」

窓際に干しておいた洗濯物が真下に落ちた
らしかった。嬉しくて今でも覚えているこ
の出来事が、仲がぐっと良くなった原因の
一つだったかもしれない。


こんな事もあった。私の部屋には当時テレ
ビがなかった。金がそんなになかったのか
結局最後まで買わずじまいだった。なので
どうしても見たい番組がある場合、石田さ
んの部屋で見せてもらっていた。

ある日曜の朝、私はNHKの将棋対局を見
せてもらおうとお邪魔しに行ったら石田さ
んは寝込んでいた。
こんな時は「お大事に」とかいって帰りそ
うなもんだが、どうしても将棋が見たかっ
たのか、私はお邪魔して気を使ってる風に
「お腹減ってない?」「喉乾いてない?」
などと布団で寝ている石田さんに話しかけ
ながらも、しっかり最後まで将棋を見てた
りした。

今考えると、だるくて寝込んでるような時
はやはり一人にしておいて欲しいものだと
思う。私のせいでトイレに行くのを我慢し
ていたかもしれないし。
ただ石田さんは、もしそう思ってたとして
も「帰ってくれる?」と言えない子だった
のだと思う。


明日に続く。
08/01 20:48 | プライベート | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://hossy118.blog89.fc2.com/tb.php/197-f5c1eed7
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 hossy All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。